岩本先輩は同窓会の智恵袋、あのお年で(ごめんなさい)パソコン堪能、時々危なかしい時も、 でもその努力は大いに買います。素敵な先輩の1人。岩本先輩、自己紹介をどうぞ!!


岩本 汎司(66回生)

 トップバッターにご指名頂いた岩本です。合格発表で先生が名前を読み上げられるのに困っていましたが、 「ひろし」と読みます。県商時代のあだ名は「ボンちゃん」でした。さて、私がコンピュータと関わったのは、 40年以上前に兵庫県が自動車税課税事務をコンピュータ処理し始めたときに遡ります。
 それまでは工業生産向けと考えられていたコンピュータを大量の事務にも適用し始めたばかりでした。 入力媒体は80桁のパンチカードが主で1人のデータに何枚ものカードが必要でした。そして、処理する コンピュータのメモリーは128キロバイトしかなく、漢字は使えないため氏名もカナ表記でした。
 今のパソコンの能力に比べても格段にプアーなもので、勿論インターネット・メールもありませんでした。 当時の私はプログラマではなくシステムの係長でしたので技術的な面は余り必要なかったのですが、そのときから コンピュータとの縁は続いています。75歳の今もWord・Excel・ネット・メールのスキルを深める努力をして います。次はホームページグループの仲間で若い世代の山田君(106回)にお願いします。

次は、山田君(106回生)です。 輪と話と和 TOPへ