池野さんから紹介を受けました(87回生)の片山 豊明です。
 県商を卒業して41年経ちましたが、神商同窓会「イフレ館」に足を運ぶ機会が多く、いつも脳裏に当時のことが思い出されます。
 大きな出来事では入試の時ですが、大雪で開始時間が遅れ そして昼食だったと思いますが、菓子パンが配られたと記憶しております。
 それから卒業までフルに高校生活をエンジョイさせて頂き、その時の仲間がいまでも食事をしたり、旅行したりと楽しんでおります。

 今年の5月には1年次のクラス会があり、秋には3年次のクラス会を去年に続き開く予定ですが、私のライフサイクルの中にはいつも県商の仲間がいて情報連絡を取り合っています。 集まった時は、年金、老後、子供の結婚、孫、旅行、趣味と人並みの話題ですが、それぞれが歩んできた人生を語り合うのが楽しく、食事もお酒も一層おいしくいただけます。 現在、私は人より早く第2の人生をスタートしていますが、何不自由なくここまで来れたのは、家族であり、友達だと思います。
 これからもバンド仲間、旅行仲間、飲み仲間、趣味仲間を大切に、お金の許す限り?時間の許す限り?楽しみたいと思っています。
 では、次に紹介する方は学生時代の良き友達で、現在は音楽の方面で接する機会が多く、いろいろお世話になっている石倉 悦子さん(87回生)です。

次は、石倉 悦子さん(87回生)です。 輪と話と和 TOPへ