橋本先輩(82回生)からバトンを受け取りました西田陽子(88回生)です。

平成24年、新県商は50周年となります。私の高校時代は学校へ行くのが楽しくてしかたないくらい青春を謳歌していました。3年1組辻道学級は進学クラスでしたが全く勉強をした記憶がありません。クラスメイトはユニークな個性を持った集団であったように思います。卒業して43年になりますが今までクラス会を一度も欠かしたことがありません。辻道先生にも毎回クラス会に出席をしていただいていました。しかし数年前に病気をされてからお顔を拝見出来なくなり寂しく感じていました。平成22年のクラス会で辻道先生に電話を掛けてみました。受話器の向こうで先生の懐かしい声が聞こえ「今から家に遊びにいらっしゃい」とおっしゃっていただきクラス会にきていた全員でおじゃましてしまいました。先生にお会いした時、嬉しくて涙が出てきました。3年1組にタイムスリップした瞬間でした。辻道先生有難うございました。

最近思うことは何か社会のお役に立ちたいということです。その一環として奉仕活動にとりくんでいます。神戸市生涯学習支援センターの講師や薬物乱用防止教育の認定書を取得して活動をしています

 私の趣味は「勝っても負けてもトラ命」阪神タイガースの応援です。タイガースの帽子にユニフォーム姿の私は甲子園球場で大声で六甲おろしを歌っています。

最後に同窓会の理事をさせていただいて先輩、後輩との良い出会いが沢山ありました。感謝しています。
 次は森理事
(88回生)にバトンを渡します。

                   


輪と話と和 TOPへ