106回生の杉本誠です。同じ106回生の高田君から紹介を受けましたが、実は高田君の事はよく 知りません。(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 
私の紹介で、「誠実」「体・態度がデカイ」「ぼっちゃん刈り20年」はそのとおりですが、身長195センチ というのは、背伸びをした時か巨大なたんこぶが出来た時ぐらいです。(^O^)/
 冗談はさておき、私の県商時代はとにかくよく食べました。2時間目の授業が終わったら早弁、昼は食堂で定食、 5時間目の後はうどんを・・・といった具合でした。私は元気だけがとりえで生徒会の体育委員長をしていましたが、 体育祭では毎年恒例の県商体操を朝礼台の上で見本をするのに、みんなの逆がなかなか出来ず混乱させたのを覚えて います。夏になると毎日、須磨の海で泳ぎ真っ黒に日焼けをしていました。また、バンド活動なんかもやってました。 県商時代はとにかく楽しい毎日でした。

 県商を卒業して、証券会社に入社し、個人営業を中心に、法人営業、総務、株式ディーラーと、証券会社では、 ほぼすべての業務を経験し3年前に現在の保険会社に転職し、ファイナンシャルプランナーとして、生命保険や自動車 保険の取り扱い、年金、医療制度の相談から、前職の証券の知識や経験を生かし、株式や債券への投資など様々な 相談に応じています。
 現在、金融のプロではありますが、これからの目標は、長者番付日本一、年収100億の男、スーパーカリスマ 金融マン(マーライ杉本)を目指し日々精進してまいります。そして、目標が達成された暁には、神商同窓会に50億 (ウォン)ぐらい寄付をしたいと思います。もちろん、神商同窓会の活動にも時間のある限り参加して行きたいと思います。
 次に紹介する方は女性です。それも美女です。85回生で、容姿は、吉永小百合とデヴィ夫人をたして半分にした感じ、 性格は、サッチーと浅香光代と田中真紀子をたして3分の1にした感じです。とても同窓会思いの素敵な先輩です。 よろしくお願いします。

次は、伊藤 潤子さん(85回生)です。 輪と話と和 TOPへ